ホーム > スポンサー広告 > バンコクを見下ろせる黄金の丘ホーム > バンコクの観光情報 > バンコクを見下ろせる黄金の丘

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ プーケットしまかぜ案内人 ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

バンコクを見下ろせる黄金の丘

バンコク5つ星ホテルマル秘情報♪

さっわでぃ~かっぷ
微笑む国タイランドの心地良い風が大好きなしまかぜ案内人です。そろそろ充電しに、プーケット島からバンコクへのんびり旅行でも行きたいですねー!さてさてバンコク市街にあるお寺、「ワット・サケット(ワット・スラケッ、プー・カオ・トーン)

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

タイ政治の中心地、ドゥシット地区に位置し、周辺には沢山の有名な観光場所が有ります。国王一家のお住まい「チットラダー宮殿」や旧国会議事堂の「アナンタ・サマーコム宮殿」ラーマ5世が実際に生活していた王室テーマパークの様な「ウィマーンメーク宮殿」巨大な「ラーマ5世騎馬像」、また大理石寺院とも呼ばれている「ワット・ベンチャマボピット」バンコクの若者のデートスポット・小さなお子様連れのタイ人家族も多く見られる「ドゥシット動物園」などなど色々ありますので、見どころ満点ですよね~大きな道路が何本もあり観光箇所もちょっと距離があったりするので、移動はタクシーやトゥクトゥク、もしくは車のチャーターがお勧めですね!!旅行の日程に余裕のある方&節約旅行を希望の方は、徒歩&市内路線バスも可能ですよ~♪

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

実はこのお寺、日本ではワット・サケットとして名前が通っていますが、「ワット・スラケッ」の方がタイ語の発音に近いらしいのです(通りを歩いていたおばちゃん談)。バンコク市街を歩いていて、小高い丘の上に仏塔が見えませんか?ラーマ3世がアユタヤーの「ワット・プー・カオトーン」をモデルにこの丘を人工的に造ったらしいです。そしてラーマ4世がその上に仏塔を建てました。

そして1950年に、丘全体をコンクリートで補強し、仏塔には金色のタイルを貼り現在の姿になりました。地上のお寺の大きな大仏様は黄金色に輝き、壁中の細かい絵は目を見張るものがありました。そしてちょっと奥の駐車場を抜け、緑が沢山ある場所に抜けると、ゆるーい階段の入口があります。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人


何百段?と螺旋階段を登って行くと頂上に大きな建物が?「ゴールデン・マウント(黄金の丘)」別名「プー・カオ・トーン」とも呼ばれるこの建物は、履物を脱いで上がります。入口付近にお土産物屋さんや、綺麗なエメラルドグリーン色の仏像や金箔の張られた美しい仏像のお出迎え^^ここの売店で買って飲んだ冷たいミネラルウォーターが何十倍も美味しく感じられました。屋上?二階?に上ると、景色の良さに心が洗われましたね~!!バンコクの蒸し暑い湿気を胸いっぱいに吸い込み、じっとりと汗をかいた背中に吹く風が、気持ち良くとっても心地良かったです♪

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

そして何と言っても、願い事が叶う小さな鐘。売店に大小様々なものが売られていましたが、この音色はくすぐったいぐらい心を動かされるものが有りました。タイ人の願い…いったい何が書いてあるのでしょうか??家族の事?恋人の事?来世の事?健康の事?そこで、しまかぜ案内人も語学力の向上を願いました^^あっ、でもやっぱり、願うだけじゃダメですかね~?ダメですよね…。

バンコクカオサン通り周辺格安ホテル情報♪

チャイナタウンで人気ホテルTOP10♪


スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://frcbangkokhotel.blog60.fc2.com/tb.php/130-1617e1c1

微笑む国タイランドおススメホテル情報♪ さっわでぃ~かっぷ 一体この微笑む国タイランドに住み何年になるだろ~?!2012年で16年目のスタートかな?!まあ一つ言えることは誰でも長く住めるので、長く住...
[2011/10/17 12:50] Into the Thailand
プロフィール

プーケットしまかぜ案内人

Author:プーケットしまかぜ案内人
プーケットしまかぜ案内人がバンコクのオススメホテル、クチコミ情報、レストラン、観光ツアー情報をお届け中♪

スーツケース旅行用通販サイト
海外ホテル予約もじゃらん
エクスペディアのホテル予約
格安航空券予約
↓↓格安航空券予約


↓↓ホテル&航空券予約


↓↓24時間オンライン予約


↓↓世界のホテル予約




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。