ホーム > カテゴリー - バンコクの観光情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ プーケットしまかぜ案内人 ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

美しい美術品の宝庫

ジムトンプソン付近のおススメホテル情報♪

さっわでぃ~かっぷ
南国プーケット島を飛び出しバンコクに滞在中のしまかぜ案内人です。
只今、安宿街の国立競技場周辺のゲストハウスに泊まっています。近くには、BTSスカイトレインのスクンブィット(スクムウィット)線ナショナル・スタジアム」駅東急やMBK(マーブンクロン)のショッピングモールが有り意外と賑やか♪そして、サイアム(サヤーム)・スクエアにも歩いて行けるので、とっても便利ですね。駅から徒歩6分ぐらいの場所に「ジム・トンプソンの家」博物館が、地球の歩き方に載っていたので早速行ってみました!!タイのシルク王でとっても有名ですね。シルク業界への貢献により、特別にタイに貢献した外国人に与えられる「白い象の勲章」を授かった方です。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

プーケット島にもアウトレットショップが有りますね!彼が生前住んでいた住居が、現在は博物館として公開されています。アメリカ人のジム・トンプソンは、CIAの前進の諜報機関に所属していた経歴があり、第二次世界大戦後もタイ王国に留まったそうです。タイが気に入たのでしょうネ!!もしかして、惚れたタイ人女性が居たのかな~??プラ・ラーム・ヌン(ラマ1世通り)から、横の細道に入ります。急に静かになり、トゥクトゥクなどのドライバーが声を掛けてきました。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

細道に入ると看板が無く、そのまま真っ直ぐに歩いて行くと、ここは工場地帯?大丈夫かな~?と思いながら左に大きな門が有りました!!緑が生い茂り、外からは中が見えず、人もいなかったので恐る恐る入ってみるとチケット売り場の前に出ました。思わぬ場所でドキドキしましたよー!!

館内に入るのに、料金が掛かります。大人は100バーツですが、25歳以下は50バーツだそうです。(2009年5月現在)生年月日が分かるパスポートなど持って行った方が良いかもしれませんが、くれぐれも無くさないように注意して下さいネ。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

そして、内部の住居はガイドツアーで見学します。日本語ガイドも有り、英語やタイ語が苦手な方も安心して見学が出来ますよ。毎週火曜日の午前中は日本人のボランティアがガイドをしてくれるそうです。建物は、チーク材を使い、タイの伝統様式の古い家6軒を、釘を使わずに組み立てなおしたもの。

中から見ると、柱が楕円形になっている場所など良く出来た作り。ガイドさんによると、彼は、CIAに所属する前に建築家の勉強をし、ニューヨークで開業していたとの事。納得です!やっぱり見学はガイドさん付きが良いですね!周辺諸国やアユタヤーなどから取り寄せた、仏像から絵画や陶磁器、健具や調度品などの、彼のコレクションは国宝級の古美術品でした。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

1967年にマレーシアのキャメロン・ハイランドに休暇で友人と出かけた際、ジャングルの中で謎の失踪を遂げてしまいました。行方は未だに分かっていません。以来、彼の家は出来るだけそのままに保たれ、現在に至っています。この敷地内には、タイシルクのショップやカフェやレストランが有ります。彼の生涯に思いを馳せながら、お茶を飲んでみては如何ですか?

ジムトンプソンの家写真館♪

バンコクおススメホテル口コミ情報♪

タイの上野動物園?!

バンコク5つ星ホテル口コミ情報♪

さっわでぃ~かっぷ バンコクが大好きになってしまったしまかぜ案内人です。
バンコク在住の方が、「ドゥシット動物園なかなかいいよ!!」って聞いていたし、動物園好きな僕!500Bで入れるプーケットの動物園。各動物の楽しいショーが見えるので好きで良く行っているですね^^

せっかくバンコクに来たので、バンコクでも有名なドゥシット動物園にいってみました!!今回は、市バス(カオサンからだと赤70番、白56番)を探すのがめんどくさいので、カオサンの裏にあるゲストハウス街「ワット・チャナソンクラム」からメータータクシーを拾いました。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

65Bぐらいで動物園の入り口に行けたと思います。ドゥシット地区は、ウィマンメーク宮殿などがある王室一家の邸宅が多い地区にある動物園なので高くてつまらない物だと思っていました~~

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

実際は、駐車場のある入り口に行くと、外人の入場料100Bと書いてあってかなりの安さにビックリ。
ちなみに、僕はタイ語を話していたら、タイ人に見えたらしく、なんと50Bで入れました~ラッキー♪早速入り口に入ると、丁度動物柄の連結型の電車みたいな周遊バスが止まっていて、20Bで乗れました。ゆっくり走る周遊バスも英語のアナウンスとテレビ上映を見たり聞いたりしながら、のんびり過ごせて楽しかったですよ^^ 終着地は池の前でした。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

売店があり、大きなカップラーメンやお菓子など食べることができますし、レストランもあるので小腹がすいたときも安心!広い池では、カラフルな足こぎボートが並んでいました。1時間60バーツで、デポジットが40バーツ(後で返ってくる)。広い池でのんびりとボートをこぐのも楽しいかもしれない。自然がいっぱいの敷地をトボトボ歩いていると色々な動物が出てくる。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

ビックリするのは、柵が低いところ。凄く間近で動物を見られるので楽しいですね。見たこともないような綺麗な柄のシカや、大きな大きなカバがノシノシ歩いていたり、黒っぽい小柄なクマがのんびり過ごしているのを見ると安らぎましたね!!

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

お猿さんコーナーはテナガザル系が多く日本で生息していない種がたくさん見られるのでちょっとビックリ!カッコイイ黒豹や、やっぱり模様がインパクトのある「豹」。そしてトラやライオンと続いた後は、キリンまで出てきました。柵が低いので目の前でキリンが見れたのは感動。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

シマウマ、フラミンゴなどの南国の野鳥と続き、最後は、タイといえば、やっぱりゾウ。
凄く綺麗な個体が広い敷地で飼われていて見ているとホッとしますね♪

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

広大な敷地にたくさんの種の動物が飼われ、大きな池を中心に数々の熱帯植物が植えられていて、自然植物園的な部分もあり、憩いの場ともなっていて、更に小さい遊園地も併設している充実度は、まるでテーマパークみたいな動物園だった。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

感想は、プーケットの動物園よりはるかに規模が大きく面白かった。「タイの上野動物園」みたい。これは、子供から大人まで文句なしに楽しめる遊び場でした。やっぱりバンコクは、子供にも大人にも楽しい遊び場があり嬉しいですね!!

ドゥシット動物園周辺の格安ホテル情報♪

ドゥシット動物園の写真を見る♪

華麗なる象の芸

サワッディーカップ。
大都会バンコクで過ごす日はあっと言う間に終わっちゃいますね。
僕が住んでいる楽園プーケット島とは違うので、ハラハラドキドキの毎日を送っている島風案内人です。

タイと言えば?やっぱりスパイシーなタイ料理、きらびやかな寺院、そして何と言っても象ですね。タイの象はアジア象、とても賢く、優しく、可愛いんですよね~
バンコク郊外の見どころでどこに行こう~?っと。象ショーや象乗り体験、餌を上げたり出来る場所はどこかな~っと探していると??ありました!ありました!全部楽しめちゃう場所が。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

バンコクから約20Kのところにある
サンプラーン・エレファント・ズー&クロコダイル・ファームです。
ちょっと頑張って早起きして、到着した時刻が10:30ぐらい。
あれれ、まだ館内はガラガラです~。
入場料は一人500B、日本円にして1500円。
う~んちょっと高い動物園かな~っと思いながら入ります。
館内にはクロコダイルファームと言うだけあり、たくさんのワニ達がいます。

ワニも年齢別?もしくは大きさで別?で飼育されています。
2歳~3歳、4歳~5歳、6歳~10歳、11歳~20歳、21歳~50歳、51歳~70歳らしいです。でもこれもあくまでも大きさだと思うけどな~??

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

そんなワニ達に鶏肉を上げたお話はまた次の記事と言うことで。
話は戻って、1日に3回ワニショー、手品、象ショーが開催されています。
まずワニショーを見る事に。
大きな口を開けてタイ人が顔を入れたり、結構リアル!
おいおい大丈夫かよ~っと思うシーンだって
いっぱいありますよ~

ワニに噛まれたら絶対に死ぬよな~
っと思いながらハラハラドキドキで見ていました。
そしてワニショーが終わると続いてマジックショーへ。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

まさにタイを感じるショーです!これぞタイっと思うようなマジックで、微笑がたえません。マジックショーが約30分前後、これが終わるといよいよ待ちに待った象のショーです。これを楽しみに来たんだ~っとちょっと真剣になってしまいます。

象のサッカーやタイの歴史を物語ったショーなど象の賢さ、そして優しい瞳が印象的でしたね。
そして象に餌差を上げたりする事も出来るので、お子さん連れの方にはおススメだと思います。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

最後はトラと記念撮影です。大きなトラが2匹寝ていて、100Bで記念写真が撮れます。こいつら本当に襲ってこないのかな~っと思いながら「はいチーズ~」です。何だか心が和む1日でしたね。

バンコク5つ星ホテルが最大75オフ♪

タイの宮殿でおとぎの国を見た?!

サワディーカップ。
バンコクのドゥシット地区からのおしゃれな観光情報です。
ここの地区は、王室の邸宅がある地域で、ここまでは、市内バスでドゥシット動物園まで来て、そこから歩いて行きました~。ラーチャウィッティ通りを歩いて、新国会議事堂を目指しました。早速歩いていると、道が封鎖され、なにやら物々しい雰囲気に!!

偉い人や王室の人が通る時と同じだった見たいです。
早速国会議事堂の横にある扉を入っていくとだだっ広い芝生の敷地が広がっています。そこの向こうには、なにやら中世のヨーロッパで見られるようなでっかい建物が・・。

これがウィマンメーク宮殿?!って思うかのような豪邸に目が点・・。
いやいや間違えたみたいです^^

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

そして、歩いていくと、レンガを敷かれた道が連なり、やっぱり欧風なデザインの敷地を歩いていくと、途中で美術展などがあったり、美しい堀が広がり~~そのお堀を渡る橋も手すりを金色にしちゃったりして、なんともなんともゴージャスです。
敷地の所々には綺麗な花々が咲いていたり、樹齢年数の高い大きな大木があったりと、洗練されきった敷地・・。

今まで見てきたローカル地区との明らかな差にカルチャーショックを受けた。
歩けば歩くだけカルチャーショック。

ウィマンメーク宮殿に着く前にある敷地内の豪邸を見ているだけでお腹いっぱいでしたね。
ウィマンメーク宮殿の前で、警備員が座って寝ているのは少し笑えましたが、ここは、タイ王国「マイペンライ」気にしない)ですね。ウィマンメークに入ると、カメラは撮影禁止。

変わった雰囲気を持つ巨大なウィマンメークの中に入ると、展示されている王様に向けて世界各国から送られた数々の贈り物が見られる。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

見たこともないような陶器類をゆっくり見ているととても不思議な空間だった。
その当時も今と変わらず、王様はひたすら金持ちで、国民は何も気にせずノホホーンと暮らしてのかな?
次の目的地であるラーマ5世像に向かうと、更にタイとヨーロッパの折衷である豪邸の数々・・。

そして、道が開けたところにあるアナンタ・サマーコム宮殿は、
これまた巨大な宮殿いやいやお城?!
「こんなところに泊まってみたい~」っとついつい思ったりもします♪

たぶん女性はとっても楽しい場所なんだろうな~なんて思うが、男性はちょっと微妙?!
でかい城を色々な方向から写真を撮ったりしたが本当に大きい!!
ちょっと中を覗きたかったかも?!門を出て敷地の外に出ると・・ヨーロッパのどこかの国にトリップした感じに陥る。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

タイに似合わない広大な通りの中央に建つラーマ5世が騎馬にまたがる像は、フランスのパリに外遊の際に作られたもの。
ウィマンメーク宮殿を中心に見た感想は、現実離れしたおとぎの国だな~っと感じました。
この時期は、世界は貴族が栄えた時代なので、外遊中にフランスの世界を見て、ラーマ5世もかなりの影響を受けて作ったのだな~っと思う。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

しかし、その時代において、タイ王国はどうだったのだろう?!
タイ王国に住む人々と、この豪邸に住む王様との垣根はなかったのだろうか?!
何も考えず今でもラーマ5世を敬愛するタイ人。タイ人は深いな~っと改めて思った。

バンコクおススメホテル口コミ&マル秘情報♪


バンコク発水上市場探検!

バンコクおススメホテルマル秘情報♪

サワッディーカップ。
プーケットでお会いするお客様の5割ぐらいが、
バンコク滞在を組み合わせたパッケージツアーの方が多いんですね。
お客さんに「バンコクでどんなツアーに参加するんですか?」っと聞くと、
水上マーケットには行って見ようと思うんです!
っとニコニコ笑顔で答えるんですね。

なら一度は行って見るか!っと思い早朝の活気あふれるマーケット探索へ♪
プーケット島ではローカルマーケットばっかり、さすが水上となるとちょと緊張♪ 
場所はバンコクから南西に焼く80Kぐらいです。車で約2時間半ぐらいですね。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

ラーマ4世時代の1868年に造られたダムヌン・サドゥアクの運河に
伝統的な文化を保護する目的と、観光客誘致のためにタイ政府が開発したらしいです。
今回は自分で運転しながら行ったんですが、絶対におススメできませんね~ 
是非現地旅行会社HISやウェンディーツアーで参加した方がスムーズですね。
僕も途中途中でタイ人に聞きながらやっと到着です。
左右に熱帯の木々が茂る運河を、微笑みが似合うタイ人が野菜や果実などを載せ小船が水路を従来します。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

小船に乗っているのは大半がタイ人女性、働き者といわんばかりに声高らかに商売に励む姿はタイらしいな~っと思いましたね。
せっかく来たんだから小船に乗って、探索しないと~っと言う事で、乗って見ることに!小船乗船料金は30分で一人200Bです。
小船一艘か仕切りは500Bらしいので、3人で乗るなら貸しきった方がお得ですね。優しいそうなおじさんがゆっくりと船を動かします。水路は大渋滞の箇所もありますが、さすがベテラン!!!スイスイと船が動いて行きます。

プーケット観光ツアー、スパ、ホテル手配は島風案内人

季節のフルーツ、マンゴなどもその場で手際良く切ってくれて、
「はい、どうぞ!」っと笑顔で渡してくれます。
その他には美味しかったのは春巻き、焼きそば、チャーハンも美味かった~
そして笑顔に負けてココナッツジュースを飲んでみると、やっぱり美味しい~ 

冷えたシンハビールを売るおじちゃんの姿には「ビール1缶」
っと言いそうになったけど、ここは我慢我慢~。
マーケットは通常夜明けから午後14時前後まで見れるらしいです、
1日の中で一番賑わい、活気あふれるのは7:00~9:00頃。
中でも青果市場のあるトム・ケン・マーケットの威勢の良い喧嘩ぶりは
一見の見る価値あるらしいですよ~

バンコク豪華ホテルが最大75%オフ♪


プロフィール

プーケットしまかぜ案内人

Author:プーケットしまかぜ案内人
プーケットしまかぜ案内人がバンコクのオススメホテル、クチコミ情報、レストラン、観光ツアー情報をお届け中♪

スーツケース旅行用通販サイト
海外ホテル予約もじゃらん
エクスペディアのホテル予約
格安航空券予約
↓↓格安航空券予約


↓↓ホテル&航空券予約


↓↓24時間オンライン予約


↓↓世界のホテル予約




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。